レーシックイメージ

2回目のレーシック手術を受けた経験

レーシック手術はhttp://www.nobizlikehomebiz.com/02.htmlにも書いてあるように、眼球の角膜にへこみをつけてレンズの代わりにし、視力を矯正するという視力回復方法で、近年はレーザー技術の発達により多くの安全な手術を行う事ができるようになりました。
こうした技術の発展により、かなり便利な施術も増え、レーシックを専門に行うクリニックも開業されており私たちにもその機会が増えつつあります。
日本では視力が悪くなっている人がかなり多く、若いうちからレーシックを行う場合も多いです。
こうした際には2回目の手術を行う事で安全に視力矯正を行う事があり、成長に伴う眼球の変化に応じてしっかりと手術を進めていく必要が出てくる場合が多いです。
これらの手術ではレーザーを使用するので、安心して行う事ができますが注意しなければいけないことは多く、あまり無茶な手術はできないのでよく検査をしてから行う事が多くなっています。
これらの手術では特に角膜の厚さを確認する場合が多く、削って減らすことになる角膜の検査は特に重要になっています。
私の場合はしっかり角膜が厚いので手術を受けることができましたが、そのクリニックでは1回で全ての施術を行うのではなく、手術を2回に分けて行うようになっています。
いきなり視力を回復させるのも良いですが、そうすると急激な視力の回復に目がついていかないので2回に分けて手術を行う事でより安心して身体にも負担がなく手術を進めることができるようになっています。
私が行った手術ではかなりデリケートに手術を進めてくれて、回数も値段は変わらずに2回行う事ができたのでかなり安心して手術を受けることができました。
これらの手術ではしっかりと事前に説明もしてくれて安心して手術に臨むこともでき、手術の前後で気をつけることも抜かりなく説明してくれたのでかなり満足して手術を行う事ができました。
こう言った説明があるクリニックを友人に紹介してもらい、とても良かったと思います。
今ではそのおかげでしっかりと視力が回復し、毎日明るく生活する事ができています。
それまでは眼鏡で生活していたのですが、今では肉眼で何でも見ることができるようになっており2回目の施術のおかげで目が疲れることも無くものを見ることができています。
レーシックを行って特に良かったのはクルマの運転をするときで確実にその目視を行えるので安心して運転できています。
周囲を素早く見ることもできるようになっていて眼鏡の時よりも視野が広くなりとても便利です。
ミラーや座席の中も確認できるようになり運転中にも周囲の安全を確認して操作できるようになりました。
また、パソコンの仕事をするときにもかなり小さい文字も見えるようになり画面の隅々まで見ることができるようになったので、とても仕事がしやすくなっています。
また、レーシック手術後にはパソコンメガネを使うと快適でおすすめです。詳しくはhttp://nudeplus.jp/8.html
レーシックの手術を行うまではかなり目が疲れていたのですが肉眼での操作になってからはその疲れもかなり減ってある程度長い時間画面を見ながらの仕事ができるようになりました。
それでも手術の後は、長い時間仕事をするときにはしっかりと目を休める習慣を持ち、しっかりと視力を維持しようとする意識も生まれました。
生活においても良い効果があり、今でもその習慣にはかなり助けられています。
また、まつげエクステをした後にレーシック手術は行えるのでしょうか。女性必見詳しくはhttp://www.omgitsfree.com/

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.