レーシックイメージ

レーシック手術視力低下での2回目

昨年、クリニックでレーシック手術をして、1.5まで視力を回復することができました。
しかし、けっこう前から、右目だけがぼやけて見えるようになりました、実際は、あまり気にしていなかったのですが、右だけで見るとぜんぜん見えていないことに気が付きました。
というかたが、レーシックの普及とともに、増えているのも現状です。
レーシック手術を受けたクリニックで検査をしたところ、右目は0.7まで視力が下がっていたレーシックを受けても視力が低下してしまう人が、2から3パーセントの確率でいるということがわかりました。
クリニックによっては、術後3年以内だったら、再手術は無料というところもあり、3年間は保証されている。
ただ、人により、角膜の状態があるので、手術をした人が、必ずしも2回目を受けられるとは、限りません。
20代を過ぎてから、近視になりしかも0.1まで下がったような人は、仕事なので1日PCなどをしていることがけっこう多いのも、原因の一つです。
しっかり定期検査をしている必要があるかと思います。
手術は、手軽に受けられる手術ではありますが、角膜をレーザー光で当てて、眼の凹レンズを作り、屈折率を出していく手術ですので、角膜を削ることには変わりありません。
ですので、容易に2回目の手術が受けられると、気軽に考えるのは、よくありません。
レーシック手術をうけても、視力の低下で、2回目を無料にしたり、3年間の保証がついていたりした、再手術は種類上、無料でできても、ご自分の眼の状態が、それについていかなければ、何の意味もないのです。
ですので、再手術を受ける場合は、手術をしたクリニックに来院し、検査を行っていただく必要があります。
実際に、わたしは、初めての手術の時に、角膜の厚さが、普通の人よりもないので、再手術を受けられないが、それでも良いかと、医師に尋ねられました。
なので、再手術は、慎重に、確実に行っていただきたいです。
2回目を行う場合には、また再度、角膜にレーザーを当てるということなので、デリケートな目に、負担がかかりますので、最初の手術のときと同様に、安心できる医師と、クリニックで行っていた頂きたいです。
手術をしたからと言って、一生、手術で矯正された、視力が維持できるものではないのです。
人それぞれの生活習慣などで、視力が低下してくることも、十分に考えられますので、よく考えて行動していただきたいです。
1回目の手術で視力が上がり、2年ほどで視力が下がり、2回目の手術で、また視力を視力を取り戻せた、という方も、大勢いらっしゃいます。
ので、2回目の手術は、事例にはあることなのです。
眼の状態が、健康であれば、手術をして、視力を取り戻すことができますので、そのような方は、安心して2回目の手術を受けていただきたいです。
そして、その後の、生活習慣や眼の状態を気を付けながら生活していただければ、視力を保つことができると思われます。
手術をしたからと言って、一生モノの視力だとは、思わないほうが良いということなのです。
正しい知識http://www.cameratadecaracas.com/tad.htmlで、失敗のないレーシック治療やケアをしましょう。
保証はついていますが、だれでも受けられえるものではないので、定期検査にきちんと行くことをおすすめします。
また、レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴http://www.cpu-collector.com/tokutyo.htmlの記事も大変興味深いです。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.