レーシックイメージ

レーシックを受けてから20年後について

レーシック手術が始まってからまだそんなに年月がたっていないため、http://xn--pckp0b6k2c.tk/12_lasik_rekishi.htmlにも書いてあるように、ようやく施術してから20年が経過する人が出てくる頃です。
レーザーによる視力回復手術というのは以前からありましたが、一般にここまで普及したのはレーシックだけです。
理由は、その手術のほとんどを専用の機械で行うため、病院側としても参入しやすいということがありました。
また、主にスポーツ界の有名人が視力回復のために手術を受けたと公に発言していたことから、認知度が高まったこともあげられます。
しかし、似たような手術は以前からあったとはいえ、レーシック自体はまだまだ新しい手術です。
手術を受けてから10年後、20年後に何も問題が起きないのかというと、ようやく手術後20年が経過した患者数が出始めた、といのが実情です。
しかし、以前からあったレーザーによる視力回復手術でも術後20年が経過して問題が発生したという報告はありません。
また、コンタクトレンズも実際には一般に普及してからようやく50年程度が経過したに過ぎません。
手術を受けてから10年が経過した人は今では多くいますが、手術が原因でその他の疾患になったという事例はありません。
目の周りの筋肉が衰えたりすれば、術後の視力から変化することがありますが、これは誰にでも起こりうることです。
手術を受けてから20年が経過したからといって急激に何かが変化することも考えられませんから、10年経過しても問題の報告がないことから経年変化に関する安全については問題ないと考えられます。
レーシックの安全性については、そのほとんどが手術前の検査にかかっています。
なぜなら、http://xn--pckp0b6k2cv009ahwvc.name/01.htmlにも書いてあるように、実際の手術は専用の機械が行うため、ミスが起こることはあり得ないからです。
機械の誤動作などによる失敗例も聞かれません。
肝心なのは、眼球の状態が手術を受けても問題がないかどうかを判断することです。
もともと角膜が薄い人など、手術には向かない人も少数ながら存在します。
ちゃんとした病院であれば、事前の検査結果をもとにそのような人には状態をきちんと伝えた上で、手術を勧めないこともありますが、そのような病院ばかりでないのも事実です。
ですから、不安がある場合は複数の病院で事前の検査を実施して、自分の眼球がどのような状態なのかを把握するのも良い方法です。
そして、手術を受ける患者側も、視力を回復したい一心で無理を承知で手術をお願いするようなことはしないことです。
いくら視力が回復しても、その後の生活に支障が出てしまっては元も子もありません。
今ではインターネットを使えば、事前にある程度の情報を集めることは難しくありません。
自分の身体、大げさではなく人生の将来に関わることですから、慌て急がずに考えましょう。
人間の手に頼らないレーシック手術はリスクが非常に低く、安全性が非常に高い手術と言うことができます。
手術を受けてから10年後、20年後から死ぬまでの間、安心して生活ができると言えるでしょう。
しかし、そのためにもhttp://xn----4euxa2cxmpd6039coosb.com/5.htmlにも書いてあるように
定期的な検査を受けることを忘れてはいけません。
定期検査を受けることによって、自分自身も安心して生活することが出来ます。
事前の検査と、術後の定期検査を怠らなければ、これほど安全性の高いものはありません。
また、レーシックの満足度・安心度によるクリニック選びhttp://xn--pckp0b6k2cz34u978ecuza.com/set_man.htmlの記事も大変参考になると思うので、是非ご覧ください。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.