レーシックイメージ

レーシック手術を受ける当日の1日

レーシック手術は、入院を必要としない比較的、簡単な手術と言われています。
費用についてはhttp://jetstreamprojector.com/hiyou.htmlをご覧ください。
手術の当日の1日について検証していきます。
当日は、よく睡眠をとって体を清潔にしていきましょう、メイクをしていったり、日焼け止めを付けて、来院するのは禁止です。
なぜなら、化粧品等に含まれている、成分が眼に入ると大変危険だからです。
手術後の、お風呂やシャワー洗顔などは、眼に水分が入りますと、感染症の危険があるために、禁止になっていますので、体をきれいにして出かけましょう。
ですので、顔、体は自然体で清潔に保って、手術に臨んでください。
前日からの飲酒やタバコも控えたほうが、良いでしょう。
まず、来院したら適切な検査を行います、次に点眼薬で、目薬を差していきます、これは、点眼薬に麻酔の成分が入っているので、点眼麻酔です、こちらを指して、30分ほどしてから、手術の開始です、手術台に寝かされて、開眼器で目を大きく開きます。
大きく開かれた眼は、固定されます。
開眼器によって今後、一切、瞬きはできなくなります。
そして、眼が吸引されている感じを覚えます、この時に、痛みを感じる人もいるようです。
開かれた眼球にフラップを作成します。
この作業は、かなり熟練を要しますが、熟練した眼科医が行いますと、きれいに仕上げられます。
また、このフラップを、作成するときに、細菌やほこりの混入が問題となりますが、安全第一に考える施設では、手術用のクリーンルームで行っています。
フラップをめくり、コンピューターで制御された、レーザーが当てられます、この時光の中心を見つめているように感じます。
髪の毛の焦げているようなにおいがします。
そして、プラップを戻し、数分じっとしています。
フラップは自然と吸着し戻ります、その後再び洗浄消毒をします。
ここで手術の終了です。
術後、休憩室で30分ほど安静にして様子を見て、手術の仕上がりを確認して、異常がなければ、代金を支払って終了です。
手術時間は両眼で20分程度です。
麻酔の点眼液の時間を入れても、来院してから1時間か2時間あれば帰宅できます。
術後に、数時間涙が止まらない場合があります眼を開けようとしても開けられない場合があります、人によって個人差がありますので、付き添いの人に来てもらうと安心です。
麻酔が切れてきますと、痛みを感じることがありますが、術後に頂く目薬を差していただくと、治ります。
レーシック直後に眠ってはダメ(詳しくはhttp://www.ittm.org/sleep.html)ですが、当日の夜は、睡眠をとりましょう。
洗顔、お風呂、シャワーは禁止です、手術で、眼球がデリケートになって入りう状態なので、眼をこすったり、叩いたりするのもしないほうが良いです。
視力の回復についてですが、術後、直後から、視力が上がってきます、病院で休憩室にいるときに視力が上がっていることに気が付くでしょう。
また、レーシックの成功事例と失敗事例について詳しくはhttp://www.leqiys.com/06lasik.html
術後に視力検査をして1.0まで上がっている人もいますし、徐々に上がる人もいます。
翌日には、割と安定した視力になっています。
1週間ほどで視力はほど安定してきますので、焦らずに、ゆっくりと眼の状態をご自分で、観察することが大切です。
翌日の検診と、1週間後の検診は必ず受信してください。
感染症や合併症http://www.necrotania.com/gaxtupeisyou.htmlを防ぐためにも、来院しましょう。
また、手術後注意しなければならないことがいくつかあります。詳しくはhttp://www.littlefishmovie.com/afterno.html

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.