レーシックイメージ

レーシック手術から1週間検診までの流れについて

レーシックの手術を受けてもう3年になります。
今ではすっかり裸眼の状態で毎日快適に過ごす事が出来るようになり、以前眼鏡やコンタクトレンズをしていた頃の事を忘れてしまっている程です。
手術を受ける前は、いくら視力が回復する治療と聞かされても、実際自分が体験するとなると、不安でとても心配した記憶があります。
眼にレーザーを照射し、角膜を削るものですから、普通に説明を聞くと怖くなるのは当然だと思います。
しかし、今となっては、本当にレーシックを受けて良かったと思うばかりです。
私自身が手術を受ける前の日の事から手術当日、その後の検診、今までの流れのお話をします。
当時、私の視力は右も左も0.1位で常時眼鏡やコンタクトレンズを装着して生活する毎日でした。
友人がレーシックを受けて、とても良く見えるようになったと聞き、クリニックに説明を聞きに行きました。
さすがに治療と言っても、眼の手術ですので、するかどうか簡単に返事をする事は出来ませんでしたが、長かった眼鏡やコンタクトレンズの生活から抜け出すために、受ける決意をしました。
そして当日、かなり緊張しながらクリニックに向かいました。
行きの電車の中では、失敗したらどうしよう、痛みはないと聞いているが、実際は痛いのではないか等不安だらけで、クリニックについた時に一度足を止めてしまった程です。
しかし、先生が「リラックスして下さい。すぐ終わります。
終わったら今までが嘘のように良く見えるようになりますよ。」と優しく声をかけて下さいました。
そして、手術が始まり30分程で終了しました。
手術中は、もちろん意識があるので、緊張しすぎていて記憶がない程でした。
終了後しばらく薄暗い部屋でゆっくりし、その後診察をするために部屋に移動した時、とてつもなく眩しかった事を覚えています。
しかし、眩しさを感じつつも、何だか眼鏡をかけているように良く見えている気がしました。
そして視力の検査や眼圧、眼の状態などを診察して頂き、何も問題がないとの事で、1週間検診の予約を取り、目薬を頂き、帰宅しました。
良く見えるようになっていたのははっきり分かる程でしたが、明日朝目を覚ました時、また見えなくなっていたらどうしよう等、まだ心のどこかに不安があり、先生に言われた通り目薬をさしてその日は早く就寝しました。
次の日、目を覚まして驚き、昨日までの不安は吹き飛びました。
自分でもびっくりする程良く見え、若干眩しさは残っていましたが嬉しさでいっぱいでした。
その後はしばらく、夜眼が眩しくなる事や眼が乾くなどの症状がありましたが、1週間検診の頃には治まっていました。
そして1週間後、検診に行き視力や眼圧、眼の状態などを見て頂き、何も問題ないと言って頂きました。
あっという間に診察も終了し、次回2〜3ヶ月後に来てくださいと言われ、予約を取って帰りました。
その後も何度か検診に行っていますが、視力も回復したままで眼自体の問題も何もありません。
レーシックが普及した理由が分かった気がします。
また、手術後のカラーコンタクトについてはhttp://www.bardtix.org/color.htmlをご覧ください。
視力の低下によって見えづらくなってしまった眼に対しての治療法として、レーシックは本当に素晴らしい治療法だと実感しています。
これから先、もしレーシックをお考えの方がいらっしゃれば、是非是非お薦めしたいです。
まずは適応検査http://www.bttralhos.com/dare.htmlを受けてじっくり考える事をおすすめします。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.