レーシックイメージ

レーシックの手術後1週間について

レーシックの手術をして、かなり視力が回復するのがこの術後1週間後ということになります。
手術の翌日から視力自体は劇的に回復し、驚くほどものがよく見えるようになるのですが、それにともなって様々な体の変化が起こるのもこの時期になります。
ひとつは頭痛と肩のこりです。
実際私もこの時期に実に様々なことが体に起こるようになってしまいました。
これは、手術の前から先生に言われていたことのひとつですが、要するに手術で急激に視力が回復することによって、体がそれについていかれなくなる状態がおこるということの一つらしいのです。
よく度の合わない強い眼がねなどをかけますと気分が悪くなったり頭が痛くなったりしますが、それとまったく同じで、急に視力がよくなったことから頭が痛くなるようなのです。
この症状はほぼ術後一週間継続することになりましたが、体が慣れてくることによって徐々に感じなくなり、ある日気にならなくなって治ってしまいました。
しかし、それまではなんとなく頭痛がする毎日で、特に日差しの強い昼間に頭が痛くなりました。
また、頭痛とともに変調をきたしてしまったのが、肩のこりです。
これは肩と首理両方にかかっていたといってもいいものですが、こちらも目の見え方が変わったことにより起こったもののようで、非常にこるようになってしまいました。
先生に相談しましたが、やはり眼の見え方からくるからだの変調だそうで、体が眼からくる情報についていかれなくなるため、こうしたことが起きるということでした。
さすがに耐え切れなくなり、先生の了解を得て、整体で体をほぐしてもらうことでだいぶ楽になり二週間目に入るぐらいからほとんど痛みを感じなくなるように回復していきました。
視力が回復したことに喜んだのが最初の3日間ぐらいでしたが、その後、眼が見えることによって体調がおかしくなり、それを克服するのに時間を費やしたのが後半の4日間ということになりました。
最初から先生にも言われていましたが、最初の1週間から2週間は眼以外のことで体調がおかしくなることもあるので十分に気をつけるとともに、あまり気にしないで過ごすようにという話がこれだったのかと大変納得した次第でした。
眼というのは、これまでほとんど気づきませんでしたが、かなり様々なところに情報を送る役割をしているわけで、それがよくなっても悪くなっても体には大きな影響がでるということなのです。
眼が悪くなることによって慢性的な肩こりや頭痛が起こることがありますが、視力が急に回復してしまってもまったく同じことが起きてしまうのです。
またこの時期、私の眼は飛蚊症の症状もでてきてしまい、大変心配しましたが、こちらもほぼ1週間を超えたあたりで回復するようになり、その後は今も何事もなかったかのように治ってしまうこととなりました。
このようにレーシックには様々な症状があとになって現れることになりますので、落ち着いて担当医師に相談したりリラックスすることで、時間が解決してくれるようになることをあらかじめ理解して対応していくことが重要だと思います。
とにかく様々な予期せぬからだの変調が起こるのが術後1週間だと思っておけばいいのではないでしょうか。
また、こちらhttp://www.qthreads.com/s16.htmlにはレーシック手術後の10年経った方の体験談も大変参考になると思います。是非ご覧ください。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.