レーシックイメージ

レーシックが10万円で受けられる時代に

レーシックというと少し前までは、50万円だったのです。
それから30万円、20万円そしてなんとなんと10万円で受けられる時代になったのです。
もちろん安物買いの銭失いでは意味がないのですが、技術の向上はあっても手術自体は金額に関係なく当たり前ですが同じなのです。
50万円と聞くとやはり高嶺の花ですが、10万円と聞くと無理したら手の届きそうな金額です。
そこで今後メガネを交換するたびの経費などを計算したのです。
誰にでもわかりやすいかとは思いますが、メガネは傷がついたり度数が変わるたびに交換です。
もちろんレーシックを受けたからといって、今後死ぬまで裸眼というわけではないのです。
だからこそ一概にメガネの経費を計算出来ないところもあります。
それでも10万円ならなんとか無理出来そう、何回か分のメガネだと思ったら一気に出すのは大変だけれどどうにかなるだろう、そんな風に思ってレーシックの手術を受けることにしたのです。
本当についに着たって感じです。
安くて良いものが普及する時代になっているのです。
この金額になったからこそ、私を始めとする多くの方が受けれる手術になったのです。
需要と供給の関係があります。
やはり多くの方が受けたいと思うとそれだけ金額も平均化され安くなってきたのです。
そして参戦するクリニックが増えたことも、大きな一因だと思われます。
本当に時代の流れも大きく、不況と言われることで良いものが品質を落とすことなく販売される時代なのです。
その波にのってレーシックを受ける事が出来たのです。
もちろんメガネ自体もそしてコンタクトも、一昔前とは比べ物にならないほど安価になっています。
これ自体は本当に生活必需品であるだけに、どれだけ困っても削ることの出来ない固定費です。
だからこそとても助かっています。
しかし耳たぶの後ろ側、ちょうとメガネを耳にかけ支える場所が痛くなる時があるのです。
自分にあった角度に調整はしていただいているのですが、長時間かけると痛くなるのです。
そして鼻の部分、こちらもちょうど支える部分なのですが特に夏場はきついのです。
汗がたまり痒くなるのです。
それからかぶれたりするとメガネをかけること自体が苦痛になるのです。
最後に小さい頃からずっとただメガネをかけているというだけで、真面目な印象に他人の目には映ることが多いのです。
とても優秀な成績を残せるほどの頭脳を持っていれば全く問題がないのですが、残念ながら全くそんなことがないだけに嫌で仕方なかったのです。
そんなメガネをかけることによって自分が嫌だったことを思っていると、10万円というちょっと背伸びして頑張れば嫌なこと全てから解放されるのです。
そう思うとワクワクしました。
なんとか10万円を工面してレーシックの手術を受けることが出来たのです。
もう耳の後ろ側も鼻も爽快です。
もちろん真面目な印象からも卒業です。
メガネをしなくてもここまでキレイな世界が見えること自体初めてで、まさに自分にとっては青天のへきれきといっても過言ではないほどの出来事なのです。
今の気持ちは手の舞い足の踏む所を知らずというありさまだといわれるほど、浮き足だっています。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.