レーシックイメージ

レーシックの10年後の状況について思うこと

私は長年の近視に悩まされて、先にレーシックを受けた友人のアドバイスや、レーシックの治療を行っているクリニックに何軒も通い、そのカウンセリング内容に、著しい相違はないのか、営利目的で、責任逃れをしていないのかなど、そんなにしつこく調べるのならば、いっそレーシックの手術など考えるのをやめた方がよいのではないかと周りに言われるほど、しつこく調べまわりました。
また、レーシックの費用も気軽に払える金額ではありません。レーシックの最安値の記事もご覧ください。
異常な慎重さではあったかもしれませんが、一生のことですし、もしも失敗してしまえば、二度と取り戻せない損失を被るかもしれないのですから、真剣ですし、もちろん、なんとなくなんてもってのほかです。
どんなに周りに面白がられようとも、リサーチだけはしっかりして、納得したうえでの、治療を受けようと思いました。
また、人気のレーシッククリニックも参考にすると良いでしょう。http://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.com/rank.html
実際にもうレーシック以外、私が悩まされている近視にまつわる悩みから解放されるすべがないように思えたのです。
私は、女性だからということもあるかもしれませんが、極度の肩こり症で、目が見えにくいことにより、眼精疲労がひどく、その眼精疲労が比9期起こす肩こりや頭痛で、ほぼ週の半分ほどは、鎮痛剤を飲むか、簡易マッサージなどで筋肉をほぐしてなんとかごまかすような日々を送ってきました。
しかし、経験している方なら想像はつくと思いますが、鎮痛剤などで、頭痛や肩こりを一時的に緩和できても、胃は荒れ放題ですし、鎮痛剤もどんどん効きが悪くなってしまうのです。
肌も荒れてしまいますし、本当に悪循環のスパイラルから抜け出せず、毎日がつらかったのです。
そんな時にレーシック手術のことを耳にしました。
当然飛びつきたいところでしたが、これには本当に賛否両論あり、実際の体験談などを見聞きすると、恐ろしくておいそれとは踏み切れません。
どんな手術や治療法にも、うまくいく人とと、一握りの失敗例があることは多いのですが、http://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/01.htmlにも書いてあるように、日本で認可されたのが2000年と歴史が浅く、まだまだ10年後、もしくはその先の臨床例がないということで、危険も未知数であるところは、なかなか不安を払しょくできませんでした。
しかし、これはあくまでも日本国内での話で、欧米ではもう30年近い歴史があり、それだからこそ、基準の厳しい日本でも認可が下りたという、ある意味しっかりとしたクリニックでの治療を選択しさえすれば、かなり安全性の高い手術でもあるという事実にも向き合い、そのうえで、さらに考えてみました。
クリニックの治療がいい加減であったかもしれませんが、やはりこの手術によって、実際に失敗したと感じてしまう人がいることも事実であるということをしっかり受け止めつつ、自分の意志で自分の足で調べまわった情報から判断して、手術を決心しました。
今はまだ1年しか経過していませんが、視力の低下は認められませんし、うそのように頭痛や肩こりの症状からは解放されています。
手術に失敗したところで、失明の恐れはないということをメリットと取るか、やはり失敗も実際にあるというデメリットhttp://xn--pckp0b6k2c7056bnwyc.biz/として受け止めるかどうかは、個人の判断によるところですが、自分の納得のいく、診察方法、ケアなどを徹底的に調べて、そのうえでよい医師に巡り合うことが、手術に乗り切るポイントだと思います。
何故こんなにレーシックは人気になったのでしょうか。 レーシックが人気の理由の記事も興味深いです。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.