レーシックイメージ

10代のレーシック手術

レーシック手術、視力回復手術は年齢制限が設けられています。
10代の方がレーシック手術は受けられるのでしょうか、手術を受けられる年齢は18歳から60歳までクリニックによっては、65歳までとされています。
最少年齢は18歳です。
なぜ、18歳からなのでしょう、それは、10代の方は、体と同じように成長するからです、視力に関しても、10代のうちは成長過程ですので、視力が安定していないのです。
この時に、手術を受けますと、視力が効果的に上がることが難しいからです。
それに、手術をしても、生活態度などで、また視力低下になり、再手術を要すということも考えられますので、10代での手術に関しては、お勧めできないのです。
また、費用もそれなりにかかってしまいます。詳しくはhttp://icompile.info/hiy.html
レーシックを受ける時期としては、ある程度の眼の成長期が過ぎてくる18歳以上が対象になっています。
を受ける時期としては、適切な年齢を判断するのは難しいようです。
眼の成長が、ほぼ終わった後、眼の度数が安定していれば、若いうちに視力を回復すれば、これだけ長い間、裸眼生活を起ることができるということなのです。
まだ、18歳になっていなくて、手術を希望されている方は、我慢しましょう。
メディアで手術について、わりと簡単にできる手術の一つと紹介されていますので、容易に考えがちですが、レーシックというのは、眼の手術です、眼をレーザーで削っていくわけですから、容易に考えずに、きちんとした知識をもって考えていくべきではないでしょうか。
視力回復手術は今では手軽いできる入院のいらない治療法で、アメリカでは、年間120万人以上の人が受けており、視力を回復しています。
視力回復手術は、角膜にレーザーをあてて、屈折率を変化させる事で、近視、乱視、遠視を治療していきます。
治療はメスを一切使わずに、レーザーのみで終了します。
時間も10分程度で終了します。
麻酔は、点眼麻酔なので、痛みもほとんどありません。
こういった特徴があるために、日本でも月間で数万件以上の方が、手術を受けています。
この手術は、すべての人ができる手術ではなく、適応検査にて、医師から判断されます。
今までの眼の状態を問診し、けがや病気の有無、角膜の手術になりますので、角膜にある程度の厚みがないとできないので、角膜が薄い人には、適応しないのです。
ですので、ご自分の目が、手術に対応しているのかということを、まず調べてください。
未成年の方は、18歳まで待ち、適応検査を受けて、ご自分の眼が適応してい売るのか、手術にて、適切な効果があり視力の回復を望むことができるのかを、きちんとした眼科クリニックにて、検査を受けて、を受けてください。
せっかく、18歳まで待ち、実は適応している眼ではなかった、と、ショックを受けかねませんので、ご自分で、レーシック手術に備えて、情報収集と、安全で、信頼できるクリニックを探しておくことが、手術への成功へと、つながりますので、残念ながら、18歳まで手術ができませんが、情報を調べておくことが必要です。
技術面でも年々、新しい機種などが出てきて、安全面でもよくなってきていますので、情報も変わってきます。
18歳になるまで、また、技術の進歩もあるでしょう。
10代で手術を考えている方は、いといろと不安に思うことがあるかもしれません。
手術に不安がある方は、実際にレーシックを行った人の体験談を参考に見てみると少し不安が和らぐでしょう。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.