レーシックイメージ

レーシックで快適な生活

私は中学生のころから徐々に目が悪くなり始め、高校に入学するころにはコンタクトレンズや眼鏡がなければ生活できないほど視力が低下してしまっていました。
それからは年々視力が悪くなる一方で、特に大学を卒業してから就職してからはパソコンでの作業が主な仕事内容だったために、ますます視力が低下してしまいました。
眼鏡やコンタクトレンズがなければ何もかもがぼやけて見えてしまい、生活ができないほどでした。
また仕事中には常にコンタクトレンズを使用していたために、ひどいドライアイにもなってしまい、目が常に充血し乾いてしまいドライアイ専用の目薬を常に使っていなければならない状態になっていました。
そんな時に同じように視力の低下に悩んでいた友人が、眼科でレーシックの手術を受け無事に視力を回復させたことを聞きました。
友人は視力をとりもどしたことによって、コンタクトレンズも眼鏡も必要がなくなり、とても快適な生活を送れるようになったと話してくれました。
そんな友人の話を聞いて、私もすぐにでもレーシックの手術が受けたいと思い早速眼科へ話を聞きにいきました。
眼科では手術について詳しく説明を受けました。
レーシックの手術を受けるためには、まず私の目の状態が手術が受けられるような健康な状態かどうかの検査を受けなければならないとのことでした。
その目の検査を無事にパスできた私は念願だった手術を受けられることになりました。
手術当日に家から眼科へ向かい、手術時間も短く、また手術が終わるとその日のうちに家に帰れるということでしたので、緊張などもなくリラックスして手術の日を迎えることができました。
レーシックの手術は短時間で終了し、手術後にする専用のサンブラスをかけて帰宅することができました。
手術から1週間がたつころには自分でも視力が良くなっていることがはっきりと実感でき、とても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
今まではコンタクトレンズや眼鏡がないと生活するのが難しかったのですが、手術を受けてからは眼鏡もコンタクトレンズも必要のない快適な生活を送れるようになりました。
今までは眼鏡やコンタクトレンズがなくてはきれいな風景も景色も楽しめなかったのですが、視力が回復した今ではきれいな景色も風景も、夜の月や星も自分の目で見て感動することができ、改めて目がいいということは素晴らしいことだなと実感しました。
またコンタクトレンズを長時間使用していたことによってドライアイにも悩まされていたのですが、視力が回復してからはあんなにひどかったドライアイの症状もすっかりなくなり、長時間のパソコンでの作業であっても目の疲れや乾きが軽減されました。
またコンタクトレンズや眼鏡を買い替える必要もなくなりましたし、面倒だったコンタクトレンズなどのケアをする必要もなくなり、本当にレーシックを受けて視力を回復することができ快適な生活を送ることができるようになってよかったと思っています。
ずっと不便だと感じていたコンタクトレンズや眼鏡がないと生活できないような状態から、一切必要のない生活を送ることができるようになり、本当に手術を受けて視力を回復できることができてよかったと思っています。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.